ナルト ラスト ネタバレ

Feby 8, 2020
ナルト ラスト ネタバレ

ナルト ラスト ネタバレ

1.ナルトの最終回(699~700話)をネタバレ! ナルトは1999年から連載をスタートさせ、2014年に完結を迎え 全700話 、単行本は72巻となりました。. 週刊誌でこれほど長く連載を続けられたのは、作者ならびにアシスタントが多忙を極める毎日を送っていたからこそ。

週間少年ジャンプで長期連載をしてきたnarutoですが、700話を持って完結しました。そしてその最終回とはいったいどのようになっているのか?ネタバレしてしまいますが、ナルトとサスケを始めにたくさんのキャラクターと共に紹介していきます。ナルトは火影になることができたのか?

『the last(ザラスト)』ネタバレ⑤ ナルトと九喇嘛vsトネリ! ナルトとヒナタの恋の決着. ナルトはトネリとヒナタが結婚式をしている場に駆けつけ、ヒナタを助けようとします。

ボルトのラスト結末をネタバレ予想!最終回のその後についても考察をご紹介していきます! ナルトが完結した後、正式な続編として連載がスタートしたboruto(ボルト)ですが、ナルトにも劣らないハラハラの展開が続いていますね!

漫画「ブリーチ」は、2001年から週刊少年ジャンプで連載を開始し、幅広い層から絶大な人気を集めました。日本だけではなく、世界からも絶賛されたブリーチは、連載15周年をもって最終回を迎え、幕を閉じることになったのです。そんなブリーチですが、最終回はどのような形だったかをご ...

漫画「naruto」最終72巻感想です。※ネタバレ注意 ・あらすじ カグヤを封印することに成功し、全てが終局へと向かう中、サスケが反旗を翻す! 互いに相容れない想いを通すため、相対するナルトとサスケ。二人の英雄の、全てを賭けた戦いの幕が今、切って落とされる!!

漫画「naruto」700話、最終回感想です。※ネタバレ注意 大人になったナルト達と、その子供達が登場!大団円フルカラー。 殺せんせーが悪いわけじゃないんですが、今回の表紙はナルトにするべきだっだよなぁー。最終回はフルカラーだし、ワンピースの扉絵やジャンプ作家人の巻末コメント等 ...

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。

漫画「ナルト」には多くの敵が登場し、力を合わせて撃退していくストーリーとなっていますが、ラスボスとして君臨したのが「大筒木カグヤ」です。昔話のかぐや姫がモチーフになっているキャラクターで、絶望を感じずにはいられないほどの能力を持ち、ラスボスに相応しい存在。

ナルト ラスト ネタバレ