トビムシ 変態

Feby 8, 2020
トビムシ 変態

トビムシ 変態

(1)無変態 無変態昆虫には無翅亜綱のトビムシ目(トビムシ),原尾目(カマアシムシ),コムシ目(コムシ),シミ目(シミ)があり,外部生殖器以外は体形に変化なく成虫となる。

トビムシ目(粘管目、弾尾目、Collembola)は、節足動物門六脚亜門内顎綱 (Entognatha) を構成する3目のうち1目である。内顎綱は昆虫に近縁でより原始的なグループで、ほかにコムシ目とカマアシムシ目が含まれ、昆虫とあわせて六脚類をなす。

トビムシ目(粘管目,弾尾目とも)に属する昆虫の総称。 最も原始的な昆虫の一群で,無変態で,脱皮回数は不定,幼生も成虫も完全に翅を欠く。 皮膚のキチン化も弱く,体は軟弱,体長3mm以下の微小種 …

無変態ともいう。 昆虫の変態の一形式。孵化後成虫になるまでの間に外部生殖器を除き,ほとんど体形変化がみられない現象。 トビムシやシミなど無翅亜綱の昆虫にみられ,原始的な形とみられる。 不変態の昆虫を不変態類という

変態は行わず、脱皮を行うことで成長し、成熟後も脱皮を繰り返します。 多くが雑食性で、落ち葉などの腐植物質や菌糸、バクテリア、花粉などを食します。日本の森林土壌の1㎡あたりに4万匹以上のトビムシが生息していると言われています。

変態の分類 変態する動物は数多いがここでは昆虫のみを考えてみる。 一般に昆虫は無変態、不完全変態、完全変態の三つに分けられるとされている。 無変態 カマアシムシ目、コムシ目、粘管(トビムシ)目、総尾(シミ)目. 不完全変態

トビムシ特徴様々な形のものがあり、例外は多いですが、一般には一対の長い触角を持ち、体は細長く、胸部3節には各1対、計3対の足があります。これらの点は、昆虫の標準的な構造です。特殊な点としては、通常の昆虫では腹部に11の体節があるのに対して、

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 不完全変態の用語解説 - 昆虫の変態の一形式。完全変態,不変態 (無変態) に対する。幼虫期にすでに翅や外部生殖器の原基が成虫に近い形で存在し,脱皮ごとに次第に発達する。完全変態でみられる明確な蛹の時期が存在しない。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 完全変態の用語解説 - 昆虫における変態の一型で,幼虫が不活動体の蛹を経て成虫になる現象。脈翅類より高等な昆虫類 (トビケラ類,鱗翅類,鞘翅類,膜翅類,双翅類など) でみられる。この過程はホルモンに支配され,アラタ体の幼若ホルモンと前 ...

トビムシ 変態